ウインドウのサイズが自動変更されるwindowsの機能を無効化

公開日: 2016年1月12日火曜日 windows

windowsロゴ

こんにちは!PONです。

Aeroスナップとは、ウインドウを上下左右に移動させた際に、OS(Windows7以降)が自動でサイズ調整する機能の名称です。

意図せず移動しているウインドウが最大化されたりして、ちょっとお節介なところがあります。

「機能の名称なんて興味無い、勝手にウインドウの大きさを変えるのを止めたいけど、どうすればいいんだ。」という人は、無効化方法を求めて調べるときに検索ワードでつまづきそう。


設定変更によりAeroスナップは向こうにすることが可能です。

Aeroスナップを無効化


ウインドウのサイズが自動調整される、Aeroスナップ機能の無効化は以下の手順で行います。
画面はwindows7の場合。

「コントロール パネル」を開く。

コントロール パネル表示方法が「カテゴリ」の場合



「コンピューターの簡単操作」カテゴリをクリック

コンピューターの簡単操作

「コンピューターの簡単操作センター」から「マウスの動作の変更」をクリック

マウスの動作の変更


画面の下にある「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェック・ボックスをオンにする。


ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします



コントロール パネル表示方法が「大きなアイコン/小さなアイコン」の場合



「コンピューターの簡単操作センター」を開く。


コンピューターの簡単操作センター

「マウスを使いやすくします」をクリック


マウスを使いやすくします


画面の下にある「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェック・ボックスをオンにする。



以上の方法で、ウインドウのサイズが自動で調整されるAeroスナップ機能が無効化されます。




新しいWindowsマシンを使うたびに、自分が慣れたPCの設定にカスタマイズするのが大変です。

Windows10ではMicrosoftアカウントでログインしますが、Windowsの設定をアカウント情報と紐づけ、使用マシンが異なってもログイン時に読み込むようになっていたりしませんかね。


Microsoftアカウントのメリットにはそういった記載がありませんでしたので、いまのところは無さそうでしょうか。





スポンサーリンク





スポンサーリンク




スポンサーリンクと関連記事
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿