AMDの新CPU「Ryzen」、ベンチマークで高コストパフォーマンスを叩き出す

公開日: 2017年2月19日日曜日 自作PC


Ryzen 5 1600Xベンチマーク


AMD期待の新CPUシリーズRyzenに関して、Cinebench R15でのベンチマーク結果と称する情報が上がっていました。

赤字Ryzen 5 1600Xがそのベンチマーク結果

http://wccftech.com/amd-ryzen-1600x-cinebench-r15-performance-confirmed/
Ryzen 5 1600Xベンチマーク


リンク先の情報が正しいのなら、259ドルのRyzen 5 1600X(95W)が、424ドルのインテルのCore i7 6800K(140W)よりも速いという結果になっています。


安くて、早くて、低消費電力(低発熱かも?)と、確実に売れる要素しかないCPUとなるのですが、こんなに性能がいい物を本当に今のAMDに作れるのかなという不安も少々。


ガセネタ出ないことを祈ります。

AMDはAthlon 64 X2を出した頃がピークという印象が強すぎますね。



AMD Ryzen 5 1600Xは6コア/12スレッド


GPGPUで動画エンコード(NVEnc)をしていますが、動画の品質的には微妙な仕上がりになるため、GPGPUよりも高速エンコードが出来るならCPUパワーでエンコードをしたいです。


使用中の2600Kでは流石に最近力不足を感じており、Ryzen 5 1600Xがベンチマーク通りの性能なら乗り換えを本格的に検討したい。


3月の発売で情報が出揃うのが実に楽しみです。




時期が悪い?DDR4メモリ、SSDは値上がり傾向



http://ascii.jp/elem/000/001/434/1434370/index-2.html

PC4-17066は4GB×2枚組が平均626円(11.1%)上昇したのが目立つ。

DDR4メモリやSSDの他にもGTX1070/1080などGPUも値上がりして販売価格が高くなっているそうで、新規にPCを組むには時期が悪いかもしれないですね。


いろんなパーツの値上がりがあると、地味に懐が痛いです。

あとOS。

RyzenはWindows7をサポートしないため、Windows10のライセンスも購入しないと・・・


結局のところ新規にPCを組むなら、10~15万円ほどかかるいつものパターンです。

性能を求めるから仕方がないといえば仕方がない。







スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンクと関連記事
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿