YouTubeの広告収入、PV10000未満のチャンネルはゼロ円に。ただし影響はごくわずか

公開日: 2017年4月7日金曜日 AdSense Youtube



YPP改定


YouTubeパートナープログラム(YPP)(Youtubeの広告収入)について、改定が入るとのニュースがありました。

  • チャネルの総視聴回数1万未満では広告が非表示
  • 視聴回数1万以上になった際に、Youtube側が審査して初めて広告を表示


視聴回数1万回未満しかないチャンネルって、そもそも収入をほとんど期待出来ないのでは?と思うところです。


ざっくり1PV0.2円として計算して、1万PVで2,000円。


つまり1万PV未満なら、当然2,000円未満の収入しかないわけです。


金銭目当てでチャンネルを開設している場合、この規約改定がなくても人気が出ずこの程度の収入しか見込めないと分かった時点で、継続して動画投稿を続けないと思われます。





YPP改定の目的


YPP改定の目的は、低品質なしょうもない動画でも広告が表示される現状を改善することにあるのではないかと思います。


どういう事かというと、YouTubeパートナープログラム参加のハードルがすさまじく低い現状では、とりあえず動画アップロードをしたら広告を付けるユーザーが多く、低品質な動画でも動画再生前に広告が表示されます。


つまり広告を見る→つまらない動画本編が始まる→利用者ががっかりする→Youtube自体の人気に悪影響を与える・・・とYoutubeが判断しているのではないかと。


そこでチャンネルの再生数が1万程度もクリアできない不人気Youtuberの動画から広告を排除することで、少しでもユーザー離れ対策を今のうちに進めておこう とYoutubeが考えていそうです。




スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンクと関連記事
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿