Operation State DownとLow in-line powerのエラー表示を解決

CiscoWLC



ある日突然、Ciscoの無線APが利用不可となり、無線LANが利用できない状態となり調査を行いました。


原因はPOEからの電力の供給不足でした。

無線LAN環境

  • Cisco 無線LANコントローラー(WLC)
  • Cisco AIR-AP1252AG-P-K9


WEB管理画面での現状調査

WLCのWEB画面上で無線APのOperational Statusを見ると、以下の状態になっています。

 802.11b/g/n Radios    Down
 802.11a/n Radios    Down

Most Recent Traps(Trap Logs)をチェック

WLCで表示されるログ画面では、
「AP's Interface:1(802.11a) Operation State Down: Base Radio MAC:~~~ Cause=Low in-line power」
とPoEの電力供給に問題があるメッセージがありました。


Operation State DownとLow in-line powerで検索をかけると以下のCiscoのページが
見つかりました。

そこにはPoEスイッチの設定を変更と記載があり、給電関係に問題があると推測しWLCの設定変更を試します。


[参考ページ] 
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/102/1021/1021169_wlc-error-system-faq-j.html

解決方法


WLCの上で以下順で辿ります。

 Wireless>該当AP>AdvancedタブのPower Over Ethernet Settings

確認すると「PoE Status」が「Low」になっていましたから、「Pre-Standard State」にチェックを入れてApplyボタンをクリックします。

暫くするとPoE StatusがFull (mixed mode)になりました。




PoE Status







その後、APの状態を確認するとOperational Statusの状態は以下のようになりました

 802.11b/g/n Radios    UP
 802.11a/n Radios    DOWN

片方がUPした状態に戻り、802.11bgnでの無線LAN接続は復帰しました。

なお、802.11a/nの方については、無線AP再起動でも復帰しません。

パワーインジェクタで電源供給


PoEスイッチの予備機がなかったため、倉庫からパワーインジェクタ(AIR-PWRINJ5)を探し出し、そちらから無線APの電力供給を行ったところ、Operational StatusがUPすることを確認しました。

PoE StatusはFull (mixed mode)→Medium (15.4 W)に変更されました、

PoE Status













再びAPの状態を確認するとOperational Statusの状態はUPとなりました。

 802.11b/g/n Radios    UP
 802.11a/n Radios    UP


状況から推測する限り、PoEスイッチの給電に不具合が生じて、電力不足でOperational StatusがDownの状態になってしまったようです。

こんな障害もあるのですね。






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿