「インデックスに登録されたページの総数」が0の状態での対応

インデックスステータス




はじめに


こんにちは!PONです。

ブログを立ち上げ更新し始めて3週間ほど経ち、アクセス数の推移がだんだんと気になり始めました。

Search Consoleのインデックスステータスを見ると、「インデックスに登録されたページの総数」が0のままで、「ロボットによりブロック済み」ばかりカウントされています。


これがそもそも正常な状態であるかの判断もつかないので、Googleで「インデックスに登録されたページの総数」を検索すると検索候補に以下のように表示され、同様の疑問を抱えている人がいる結果でした。

検索候補
「インデックスに登録されたページの総数 0」
「インデックスに登録されたページの総数 減少」



(スポンサーリンク)



「インデックスに登録されたページの総数」って何?

https://support.google.com/webmasters/answer/2642366?hl=ja
検索結果に表示される URL と、Google が別の方法で検出する可能性があるその他の URL の総数です。


上記を読む限り、0だと検索結果に表示されない状態になっているように感じますが、グーグルで「site:サイトURL」で検索すると、投稿記事が検索結果に表示されていますから、グーグルに登録はされているように見えます。


引き続き調査しました。

ウェブマスターツールの「インデックスステータス」がずっと0件のままです。
Bloggerの場合,なかなかインデックス ステータスに統計が現れません。


同じような解説がありましたので、結論としてインデックスステータスについては問題視する項目では無いと判断できます。


「ロボットによりブロック済み」のカウントが増える原因

ロボットによりブロック済み

なお、「ロボットによりブロック済み」という表記についても問題ありませんでした。

bloggerのrobots.txtのデフォルト設定では、以下の記述があります。

Disallow: /search

これにより/search以下のディレクトリが検索結果から除外されます。
その除外された結果が「ロボットによりブロック済み」にカウントされます。


searchディレクトリって何?


bloggerで記事投稿する際にラベルを定義出来ますが、ラベルごとにURLが割り振られます。

(例)「CISCO」ラベルだと以下のURLとなります。
http://network79note.blogspot.jp/search/label/CISCO

ページを開くと分かりますが、表題リンクだけのページで中身がありませんから、検索結果から除外されても問題ない事が分かります。


結論

インデックスステータスに関しては、深く気にせずたまにチェックするくらいで問題なしという結論です。








■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿