政府はマイナンバーカードを持ち歩かせたいようです

買い物


こんにちは!PONです

今後、街中で個人番号カード(マイナンバーカード)を使えるサービスが増えていくことになるようです。



マイナンバーカード申請が1日10万件、与党税制改正大綱で再び法令変更へ(3ページ目)

説明会で向井審議官は、個人番号カードの3つの将来像を披露した。

(中略)

個人番号カードそのものが銀行ATMでキャッシュカードの代わりに使える。

(中略)

向井審議官は、「2020年の東京オリンピックの入場券の代わりに、確実に個人番号カードが使われると考えている」と述べた。

(中略)

向井審議官は、「個人番号カードを健康保険証の代わりとして使うことを、およそ3年後をめどに行いたい」と強調した。


マイナンバーカードを日常的に使わせる方向に持っていくと、多くの人が財布に入れたまま普段から持ち運ぶようにならないのでしょうかね?


キャッシュカードなら持ち歩いている人が結構いそうですし、同じノリで携行してもおかしくないかと思います。




なんとなく政府の思惑は

  • 自宅(インターネット)で使うには、マイナンバーカード対応のICカードリーダー必須でマイナンバーカードの普及の壁になる

  • 街中でも便利に使えるようにすれば、マイナンバーカードの普及が進むに違いない


と単純に考えているようにしか思えません。


もしかしたら深い考えがあって、そうしようとしているのかもしれませんが、マイナンバー(番号)を他人に漏洩しないようにと注意を出している割に、漏洩のリスクを高める方にもっていくのはどうかなと思います。

マイナンバーの番号は見せないで、と言っているのにクレジットカード代わりに便利使えますとか狂気の沙汰。




■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿