硬い唐揚げとオサラバ!ジューシーな唐揚げ ノンフライヤー作成編

自炊
こんにちは!PONです。

ノンフライヤーで唐揚げを作ると、硬すぎてジューシーというには程遠い出来でした。
おかげでノンフライヤーがトンカツ専用機扱い。

固くなるのは何か根本的に間違っているのでは?とレシピを見直します。

ノンフライヤー付属レシピの唐揚げの材料(二人分)

鶏もも肉300g

[A]
酒 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
しょうが汁 小さじ1
塩コショウ 少々

[B]
小麦粉 大さじ3
片栗粉 大さじ3

作り方

鶏肉にAを加えて15分ほど置く

その後、B加えてからめる。

余熱したノンフライヤーに180度で12-13分ほど加熱

硬い唐揚げの出来上がり




レシピの見直し


そもそもノンフライヤー以外で唐揚げを作ったことがなかったので、改めてレシピをネットで確認しました。

鶏の唐揚げの衣がバリバリに

多分、鶏もも肉と漬けダレの入ったビニール袋に直接片栗粉を入れるのが「バリバリ」の原因だと思います。薄くまんべんなく片栗粉をまぶしてから低温→高温であげてます。

まさにこれです。
どうやら片栗粉はもっと少なくても良さそうですね。


唐揚げレシピの変更点

片栗粉 大さじ3→1
加熱温度 180度→170度
加熱時間 12分→14分


出来ました!

唐揚げノンフライヤー


固くなく、ジューシーな唐揚げになりびっくり。
美味しいです!

オマケな効果として、出来上がり時に金網にへばりついて取りにくくなっていたのも解消されました。



固い唐揚げが出来るのは、ノンフライヤーのせいではなかったのですね。
ノンフライヤーの付属レシピが悪かったので、広義の意味ではノンフライヤーのせいなのですが・・・









■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿