ゲーム実況、プレイ動画のゲーム会社ごと配信許可の状況


ゲーム実況

e-sports、プレイ動画


ゲームを自分でプレイせず、野球中継やサッカー中継のようにe-sports(エレクトロニック・スポーツ)と呼ばれるプロゲーマーのプレイを観戦するという楽しみ方があります

youtubeやニコニコ動画では、ゲーム実況プレイなど個人ユーザーのプレイ動画が既に一定の人気ジャンルとして定番化しています。

また、例えば「マインクラフト」をyoutubeで検索すると1,390,000件ヒット、「実況プレイ」と検索すると2,840,000件ヒットと、すごい数のプレイ動画がアップロードされており動画配信はゲームの新しい楽しみ方になっている事が伺えます。



ゲームの配信許可

メーカーのゲーム動画の配信許可について

任天堂の場合
これまで任天堂ゲームのプレイ動画など、任天堂の著作物が含まれる動画から得られる広告収益は、YouTubeのルールにより、任天堂に付与されてきました。
あなたが任天堂著作物を含んだ動画を作成・投稿される場合、本プログラムにあなたのチャンネルや動画を登録することで、当該動画から得られる広告収益をあなたと任天堂とでシェアします。


スクエニ ドラゴンクエストビルダーズの場合
(抜粋)
PlayStation®4のシェア機能を使ったプレイ動画(ゲーム内BGMを含み、「プレイ動画」といいます)の投稿、生放送配信、および画像投稿は、個人使用の目的に限り、以下に定めるガイドラインに従いご利用いただけます。
(略)
掲載・配信に際して、著作権者の表示明記してください。
© 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/ SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO
と、ゲーム配信について明記されています。




カプコンの場合
(抜粋)

カプコンが著作権を有する権利物に関しては、発売年や手段に関わらず、以下の場合を除き、掲載や配信の許可は行っておりません。
【掲載・配信が可能なもの】
・ゲームソフトやゲーム機本体の機能を使用して、撮影・アップロードしたもの(※2)
(※2)本体メーカーや弊社が認可していない機器を使用している場合は含まれません。


このようにPS4のシェア機能をソフト側で禁止していなければ、基本的にはゲームプレイ動画のアップロードは認める方向のようです。



ただ、PS4でも録画機能を無効にして、配信を認めていないゲームソフトもありました。

例えばPS4の基本無料ゲーム「ガンダム バトルオペレーション ネクスト」はシェア機能が禁止になっていました。

そのあたり、会社によって対応が分かれている今が過渡期なんでしょう。

(個人的にはアクションゲームについては配信許可したほうが宣伝になるし、メーカーにも不利益は少ないと思うのですが)




キャプチャー機器について


動画の画質を求める場合や、プレイ動画を編集したい場合はキャプチャー機器を使って動画を取り込んだほうが使い勝手がいいのは間違いないので、その辺りも明確に許可の方向に向かうのか気になりますね。

※PS4のシェア機能は、1080P(1920×1080:フルハイビジョン)のゲームを録画しても、720P(1280×720)の動画に解像度が落とされます。


キャプチャーで撮った動画ならPCで編集しやすいですし、無編集動画より需要があるようなのでどんどん開放の方向に持って行ったほうがゲーム業界自体も盛り上がるんじゃないかと素人考えに思います。









■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿