Microsoft発HoloLensは無線接続 5.5時間持ち


HoloLens

こんにちは!PONです。
マイクロソフトのVRヘッドセット、HoloLensは無線のみで利用できると発表がありました。



Microsoftの「HoloLens」は完全無線でバッテリー持続は約5.5時間
HoloLensは、Microsoftが2015年1月に発表したAR(拡張現実) HMD。Windows 10を搭載し、装着したユーザーはリアルな環境とバーチャルな3D空間が融合した「複合現実(MR、Mixed Reality)」を楽しめる。

こちらHoloLensはゲーム機専用ではないので、用途的に表示の遅延にシビアではないため、無線を採用できたのでしょうか。




他のVR、Oculus RiftもPlayStation VRも第1世代は有線接続で、将来的な無線化はまだ白紙状態のようなので、エンターテイメント向けVRの分野ではHoloLensが普及に有利そうですね。


外観もすっきりしていて、HoloLensの方はだいぶカジュアルです。



Oculus Rift本体画像

Oculus Rift


PlayStation VR本体画像





VR 無線接続


無線だと表示の遅延への影響が大きくなります。

ゲームでの遅延は3D酔いに直結し、ゲーム機向けVRでは無線採用の見送りは仕方がないのかもしれません。

ただ動き回る事が前提になるVRゲームが多くなりそうなので、ケーブル類は無いほうが望ましいですね。






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿