Androidの通信制限設定で通信データを500MB以下に抑える

Androidの通信制限

0 SIMへの契約変更を計画しているので、念のためAndroidでのモバイルデータ通信量が月500MB以下になるように、ネットワークの通信制限設定をします。

Androidで通信制限の設定方法


Androidの歯車アイコンから設定画面を開き、「データ使用量」をタップします。
設定画面

データ使用量で「モバイルデータの上限を設定する」の項目を有効にします。
モバイルデータの上限を設定する


「データ使用上限の設定」の警告が出来ますので、「OK」をタップします。
データ使用上限の設定


赤バーがデータ通信量の制限値、黒いバーが警告値となります。
バーをタップしたまま上下に動かすことで制限値を変更可能です。

ここで赤いバーを500MBになるまで下に移動させることで、通信制限を設定出来ます。
通信制限値の設定

ブラウザ Chromeのデータセーバー機能を使う

AndroidのGoogle製ブラウザ「Chrome」には、表示される画像の画質を落として表示させることにより、 通信量の削減を可能とする機能があります。



まずChromeの設定をタップします。
Chromeの設定


「設定」から「データセーバー」をタップします
データセーバー

オフからオンに変更します。
データセーバーオフ

表示される画像ファイルが圧縮されるようになり、その分通信量が削減されます。
また他の機能として、有害なサイトを自動でブロックしてくれます。


また、ブラウザを利用した後に再び設定画面を開くと、どれくらい削減が出来たのか確認する事ができます。
データセーバーオン

以上の方法で、Androidを使った際の通信制限を可能と出来ます。




■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿