薄毛の仕組みをマウス実験で解明

薄毛

老化に伴う薄毛の仕組みをマウス実験で解明というニュースがありました。


薄毛の仕組み


  • 老化で「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出る

  • 17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包(もうほう)が小さくなる

  • マウス実験でコラーゲンを過剰分泌するようにしたマウスでは、毛包の縮小が抑制されているのを確認

という仕組みだそうです。

※毛包の内に毛包幹細胞があり、毛になる







きっと今ごろ健康食品メーカーが薄毛対策にコラーゲン、というサプリや健康食品を準備し始めている気がします。

コラーゲンを含む食品・サプリを食べても、体内でアミノ酸に分解されて意味が無いという説を信じているので出ても興味ありませんが、体内でコラーゲンを作る元になる食べ物というアプローチで攻めてくる健康食品メーカーはあるのでしょうかね。

その場合は 少し気になります。

※薄毛に悩んではいません。(今のところ)

※でも昔、一度ストレスで円形脱毛症になりました
※円形にハゲが出るのって初期だけなんですよね
※症状が進むと髪の毛がめっちゃ抜けるので、円形どころではありません。
※ストレスの原因がなくなり、半年~1年かけて円形脱毛症が治りました。
※なかなか辛かった




■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿