噂の『PS4.5/Neo』はVR向け性能強化が主目的なんだろう。多分。きっと。

PS4.5

PS4.5


各種の情報サイトにリークされたPS4.5が発売されるのは確実な雰囲気です。

PS4.5はVR特化版、または高解像度の4K対応版、更にはVRの4K対応など言われていますけど、個人的にはVR特化のものになるのではないかと予想しています。

(4K対応ならPS4Kという名称になりそうですし)
 

やはり現状VRを4Kで動かすまでの性能をコンソールゲーム機で実現するには、価格がネックだと思いますね。

  • PS VRのOLEDはフルHD
←PS4.5が4K出力しても意味が無い


  • Oculus Riftは最低スペックをGTX970を要求
←PS4.5がGTX970以上の性能を持つとはちょっと考えにくい






VR特化版ってどういうこと?


同じゲームをPS4とPS4.5でプレイする場合、高性能なPS4.5の方がより高フレームレートを維持できコマ落ち発生頻度が少なくなるような形になると思われます。

VR酔いの原因にコマ落ちや遅延があるのは確実なので、ゲーム体験を損なわないための選択肢を用意するという意味は大きいですね。


金銭的に余裕のあるユーザー向けに、より快適なプレイ環境を提供するのはコンシュマーゲーム機では少し珍しいですが、ゲーム人口が多い欧米ではそれなりの需要が見込めそうというSONYの判断でしょうか。


単なる4K対応版では4K対応TVを持っていないため買い直そうと思いませんけれど、VR特化版の場合は少し欲しくなっています。




「追記」

http://www.gamespark.jp/article/2016/04/19/65282.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/20/news085.html
噂レベルの続報がありました。

名称はPlayStation NEO(仮)かも?
発売日は2016年10月?
価格は399ドル?現行PS4は349ドルに値下げ?

Neo専用ソフトが出る気配は(当分)無さそうです。




■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿