VirtualBoxを起動してUSBメモリを挿すと高確率でトラブルに

VirtualBox




VirtualBoxでwindows7やWindows10の仮想環境を動かしていますが、うちの環境ではUSBメモリ関係でよくトラブルが発生します。

ホストOSが終了しない


VirtualBoxを起動中にUSBメモリを挿した場合、ホストOS終了時にホストOSが正常終了しなくなることがあります。

Windowsの終了処理中の画面でずっと停止した状態になり、電源ボタンで強制的に電源を落とす羽目になります。

強制終了はHDDにダメージを与えて壊れてしまいそうです。


USBメモリが認識しない


VirtualBoxの終了後にUSBメモリを挿した場合、ホストOS側でUSBメモリを認識せず、再起動が必要になります。
こちらも高確率で発生するため対応が面倒です。


なぜホスト側を巻き込むのか分かりませんが、おかげでVirtualBoxはちょっと使いにくいんですよね。


(スポンサーリンク)


VMwareに移行


個人で無償利用できるVMware Workstationが、VMware Workstation 12 PlayerからDirectX 10に対応していましたので、乗り換えてみようかと思います。

VirtualBoxのイメージは変換して読み込んでくれるのでしょうか?と試しにVMware Workstation 12 Playerをインストールしてみました。


やはり仮想ディスクはvmdkしか読み込みに対応おらず残念。

vmdk


[追記]
VMwareへの移行について、別記事を書きました。

vdiファイルをvmdkに変換してVMwareに移行
USB周りでトラブルを起きないことを期待して、VirtualBoxからVMwareに仮想環境を変更することにしました。








■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿