自転車保険の賠償補償額、いつの間にか3億円に増えていた

自転車保険




自転車保険を比較検討した際、どの保険会社のプランもだいたい横並びで賠償補償金額の上限が1億円でしたが、2016/4現在の賠償補償の金額は3億円と増額されたプランが増えています。


なぜ3億円に増額?


自転車事故の裁判で約1億の賠償を命じた判決も出ていましたけれど、調べた範囲では2億、3億の賠償金額となったケースはありませんでした。


増額の理由を考えてみる


  • 今後、賠償額が跳ね上がるケースを想定

自転車の違反について厳罰化されたので、それに合わせて事故による司法判決についても厳罰化(高額の賠償請求化)の流れになると先取りした可能性。


  • 保険会社が他社との差別化のために賠償補償金額を積み増し

まだ損害賠償で2億、3億と請求されるケースは出ていないが、他社との差別化で契約者数増を狙った保険会社の思惑。


  • ・保険料金の値上げのため

賠償補償1億の頃

  • セブンイレブン
    4,160円
    三井住友海上 ネットde保険@さいくる Bコース
    4,490円
    au損害保険 自転車向け保険 Bycle(ブロンズ)
    4,150円
    ジャパン少額短期保険 ちゃりぽ
    2,900円

賠償補償3億

  • セブンイレブン
    3,990円
    三井住友海上 ネットde保険@さいくる Bコース
    5,320円

賠償補償金額の変更なし

  • au損害保険 自転車向け保険 Bycle(ブロンズ)
    4,150円
    ジャパン少額短期保険 ちゃりぽ
    2,900円



ざっと確認した範囲では、補償額の上乗せにあわせて保険料金を値上げしたのは三井住友海上くらいで、セブンイレブンのプランは逆に値下げしています。

さすがオリコン満足度ランキング1位のプラン。


見比べてみると、単純に料金値上げのために増額したようには見えませんでした。


個人的推測


1億では補償金額で賄えない判決が今後出る可能性あるため、1億を超える補償金額を設定。
ただ2億を超える賠償請求はないと予想して、客寄せパンダ的に3億に設定したのでは、と推測しました。



実際問題3億も必要になるとも思えないので、1億補償の月額で200円位の安いプランを作ってくれた方が嬉しいですね。




■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿