PCを無駄に重くするPresentationFontCache.exeを起動させないようにする。





「ask toolbar notifier」を以前削除したのに、またPCが重くなったと思って確認すると、PresentationFontCache.exeというプロセスがCPUを15%前後ほど専有していました。

PCを重くするask toolbar notifierの削除
PCが妙に重いと思ったら、ask toolbar notifierというアプリがCPUをガリガリ使って邪魔していました。


PresentationFontCache.exeが使われているかどうかの確認は、
タスクマネージャーから確認することができます。



タスクマネージャー>プロセス>すべてのユーザーのプロセスを表示





PresentationFontCache.exe自体はプロセスの終了でさくっと停止してくれました。


さすがにウイルスのようなask toolbarとは違いますね。


ただ完全に止め、起動しないようにするためにはサービスを無効化する必要があります。



PresentationFontCache.exeの停止


以下の手順で起動しないように停止することが可能です。

コントロールパネル>管理ツール>サービス をダブルクリック


サービス名:FontCache3.0.0.0

表示名:Windows Presentation Foundation Font Cache 3.0.0.0をダブルクリック


スタートアップの種類を「無効」 にします。



PresentationFontCacheに関して説明には以下の記載がありますが、PC自体が重くなるので無効にした方がマシですね。


頻繁に使用するフォントデータをキャッシュして、Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションを最適化します。WPF アプリケーションは、このサービスを実行中でない場合にサービスを開始します。このサービスを無効にすることもできますが、その場合WPF アプリケーションのパフォーマンスが低下します。




■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿