テーブルタップ(電源タップ)のねじれは火事の元!数千円ケチって火事にならないよう買い替え

火事

4年に一度の法定点検


電力会社から4年に一度の法定点検のお知らせが届き、平日だったため休日に変更依頼をして、当日は自宅待機。

ブレーカーの確認くらいでしたが、足元のテーブルタップを見て一言。

「ねじれが火災の原因になりますから、捻れないようにしておきましょうね」


見てみたら見事に捻れていました。
少し戻したけど歪みは残ったまま。
テーブルタップ

テーブルタップ(電源タップ)が原因となる火事


タバコも吸わないしストーブも使ってないし、火災の原因になるものなんて無いという認識でしたが、コンセント周りが火事の原因となる事例が結構あるんですね。


  • トラッキング現象
コンセントとプラグ間に塵や埃がたまり、それらが湿気を帯びる事による漏電、放電が発火に繋がる現象。


  • テーブルタップの短絡(ショート)
電源コードの長さが余っているからと、束ねたまま使用すると発熱によりコードが溶け、ショート、発火する場合がある。


  • たこ足配線で定格超え(過電流)による発熱
そのままですね。
ホットプレートやドライヤーといった消費電力が大きい機器をテーブルタップに繋いで使用すると、過電流となり危険です。




テーブルタップの寿命


家電製品が多い(TV、AV機器、ゲーム機、パソコン等々)ため、テーブルタップを使っていますが、気がつけば結構年季が入っています。

テーブルタップの寿命は3年~5年くらいが目安・・・余裕でオーバーしていました。
https://sumai.panasonic.jp/wiring/renewal/tabletap.html
周囲環境の変化や使い方によって、3~5年経過すると傷みが生じてくる場合があります。
そのまま使い続けると、発火に至る恐れがあります。


また法律も改正されていたようです。これも知りませんでした。

電気用品安全法改正(2012年1月13日改正)
  • テーブルタップなどが電気用品安全法の対象。
  • 新基準適合品のみ、製造・輸入が認められている


火事は怖いため、全部買い換えることにします。


全部買い換えても5,000円もしないのに、ケッチて火事を起こしたら凄まじい出費(下手したら死亡)ですから。






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿