0SIM開通。LTEを暫く掴まないでH表示(3G接続)。時間をおいたら解消

0SIM

0SIMが届く


ヤマト運輸から大きい封筒が届いたと思ったら二日前に申し込んだ0SIMが手元に届きました。
意外に早い。

OCNモバイルoneから乗り換えようと思いつつ、日々忙しくて忘れて今日まで先延ばしになっていましたが、最初に記事を書いてから結構月日が流れていますね。


維持費無料携帯が可能。「0 SIM」が一般販売開始
 0 SIMへの乗り換え費用の検討
現在、OCN モバイル ONE(音声対応SIM)使用中ですが、乗り換えにかかる費用を確認します。


OCNとsonetの通信速度比較


SIMの差し替え前にスピードテストを実施してみました。

上り1Mbpsを切っていてOCNモバイルoneは凄く遅いです。

OCNモバイルone

下り8.04Mbps
上り0.73Mbps
Ping 68ms






スマートフォンのSIMを、OCNからsonetのものに入れ替えます。


なおAPNの設定は既に登録済みで、他には楽天やDTIなど他のMVNOサービスもあらかた設定が入っていました。

格安スマホだからかな?


H表示(3G接続)


0SIMへ変更後、スピードテストを実施するとエラーになり、スマートフォンの画面をよく見るとH表示(3G接続)です。

どうやらSIM入れ替え直後だと、LTEを掴みに行くのが遅いことがあるようなので、15分ほど放置して確認すると4G表示になっていました。
 
また解消のため、不要なAPN設定を削除することも有効との情報がありました。


so-net 0SIMs

下り3.20Mbps
上り2.76Mbps
Ping 37ms

上りはOCNモバイルoneより早いけれど下りは遅めという結果。
土曜の朝なのにこれくらいの速度なんですね。



とりあえず課金が発生しないように通信制限をしておきます。

Androidの通信制限設定で通信データを500MB以下に抑える
0 SIMへの契約変更を計画しているので、念のためAndroidでのモバイルデータ通信量が月500MB以下になるように、ネットワークの通信制限設定をします。

「追記」

0SIM、かなり遅くなりました

所詮は月額タダなのか?格安「0SIM」の速度がとても遅い?






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿