BX200(ct240bx200ssd1)を購入したのでベンチマークを取りました


Windows10のOS用にSSDを新調しました。

Crucialのエントリーモデル、BX200(ct240bx200ssd1) 240GBのものです。

BX200の詳細

コントローラーはSilicon Motion製「sm2256」
フラッシュメモリはTLCタイプ(Micron製)
キャッシュメモリ512MB
書込耐性は72TBW(1日あたり40GB書込で5年間利用可能な計算)
一時キャッシュ機能搭載
オーバープロビジョニング機能搭載


一時キャッシュ機能

専用アプリ、Crucial Storage Executiveを使って設定可能な機能。

PCのメモリをキャッシュとして使い、SSDへの書き込みを極力減らす機能です。
仕組み上、不意の電源断に対して弱いため、ノートPCなどバッテリーを搭載していないPCでは使用前に警告が出ます。

設定を有効にするために再起動が必要

一時キャッシュ機能


オーバープロビジョニング機能


SSDの空き容量を余剰領域として拡大することで、書き込み耐性を高める事ができる機能。
SSDの寿命をのばすのに効果がありそうです。



BX200のベンチマーク


PC環境

CPU Core i7-2600K
メモリ 16GB
マザーボード ASUS P8Z68-V
OS Windows 10


BX200にOSを入れた状態のベンチーマークです。
ほかのサイトで公開しているベンチと比べると、4K Writeの値が低めかな?

ただ遅いと感じることはないため十分な速度です。









■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿