エクセルの(ctrl)表示が邪魔すぎ。設定変更で非表示にしよう

(ctrl)表示




エクセル2013



この記事はエクセル2013に関しての記事です。



エクセルファイルをコピーアンドペーストで編集していると、CTRL+Vでセルに貼り付け後、右下に(Ctrl)アイコン「貼り付けオプション」が表示されます。


この貼り付けオプション表示ですが、マウス操作の際にセルの選択の邪魔になるため、余計なお世話な機能と感じる人も多いかと思います。


行列の幅を狭めてエクセル方眼紙として使っていると、セルが細かいため余計にそのように感じますね。





設定変更で(ctrl)を非表示に変更


エクセルの設定変更をすることで、(ctrl)表示を消すことが可能です。



ウインドウ左のファイルから
→オプション
→詳細設定
→「切り取り、コピー、貼り付け」の項目
-コンテンツを張り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する、のチェックボックスを外す

コンテンツを張り付けるときに[貼り付けオプション]ボタンを表示する



以上の操作により貼り付け作業を行っても、(Ctrl)表示がされず非表示の状態とすることが可能です。






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿