Share(旧ShadowPlay)で録画すると音が籠ったときの対処方法




Share(旧ShadowPlay)


関連記事:
shadowplayの録画ファイル、aviutlでの音ズレ対策

GeForce Experienceをアップデートしたらshadowplayの設定項目が消えた?


GeForceのshare機能でPC画面を録画した際、ゲームのプレイ時には違和感なく音が聞こえていた状態であっても、録画したファイルを再生すると音が妙に籠っているという現象に遭遇しました。


音声デバイスの設定が適切でないと、share機能で録画時に音声を妙な形で録画してしまうようです。


そうなった時の対処項目は以下の通り。



サウンドの設定


タスクバー右下のスピーカーアイコンを右クリックします


 再生デバイスをクリックします。


「既定のデバイス」となっているアイコンをクリックし、プロパティをクリックします。



詳細タブ、既定の形式

「共有モードで使用されるサンプルレートとビットの深さを選択します」の項目で、「2チャネル、16ビット、44100Hz(CDの音質)」よりも下の項目(DVDの音質、スタジオの音質)を選択して、テストボタンをクリックします。

音がスピーカーから流れるのを確認できる最高音質の設定を選択して、OKをクリックします。



少なくとも2チャネル、16ビット、44100Hz(CDの音質)の設定のときでは録画ファイルの音が籠ってしまい、駄目でした。

2チャネル、16ビット、96000Hz(スタジオの音質) に変更したところ解消を確認。


通常は問題ないはずですが、録画したファイルを再生して音がこもって聞こえる場合は要確認の項目です。






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿