Windows10でタスクバーが反応しなくなったときの対処方法




Windows10

タスクバーが反応しない


Windows10を起動直後にタスクバーが反応しなくなり、スタートメニューの操作やピン止めしたアプリ起動などが出来なくなる症状が出るようになりました。

いまのところ起動直後に反応しなくなる症状が出るくらいで、その都度再起動していました。

起動時にタスクバーが反応していれば、長時間使っていても反応しない症状が出るようなことは無いため、起動時に何か不具合が出ているものと推測できます。

出ている症状
・キーボードでWindowsキーを押してもスタートメニューが起き上がってこない。
・ショートカットでアプリの起動などは可能

対処方法


色々と試して対処できた方法を以下に列挙します。

エクスプローラーの再起動

キーボードのCtrl、Alt、Deleteキーを同時押ししロック画面を表示させ、タスクマネージャーをクリックします。

ロック画面


タスクマネージャーのエクスプローラーを右クリックします。
(エクスプローラーを起動してない場合は、Windowsキー+Eで強制的に起動)

タスクマネージャー

再起動をクリックして、エクスプローラーを再起動させます。
タスクマネージャー



タスクバーが反応するか確認します。

問題なければ正常動作すると思います。



ロック画面からサインアウト


上記の方法でもダメな場合は、一度サインアウトして再びサインインすると症状が解消される事が多いため、一度OSを抜けます。

キーボードのCtrl、Alt、Deleteキーを同時押しし再びロック画面を表示させ、サインアウトをクリックします。

次にサインイン画面が表示されるので、ログインパスワードを入力してサインインし、タスクバーが反応するか確認します。



ロック画面から再起動


再起動してしまうのも一つの手です。

電源ボタンを押しての強制終了はPCにダメージを与える可能性があり、可能な限り避けます。

再起動には、先ほどのロック画面右下の電源アイコンをクリックします。


シャットダウン、または再起動を選択し、再起動をかけます。

再起動


上記でもダメな場合の最終手段、電源オフ


ロック画面も出ない場合、一度電源をオフにしてしまうという手もあります。

HDDなど記録媒体にダメージを負わせる可能性があるため、正直とりたくない手段ですが一番簡単な手順です。


Windowsアップデートを試す


自動でWindowsアップデートされる設定がデフォルト状態なので、しばらく使っていればアップデートが適用されていると思いますが、手動でアップデートの適用を行い不具合が改善されるか試す手段もあります。

私の環境の場合、何度かWindowsアップデートが適用されていたら気が付いたら直っていました。








■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿