NVIDIAのアカウントログイン必須がめんどくさい



NVIDIAのアカウントログイン


自分のアカウントでログインする


デスクトップ右下にGeForceドライバアップデートのポップアップ通知が表示されました。

そこでGeForce Experienceからドライバのアップデートをしようとすると、ログインを要求してきます。

いつの間にかGeForce Experienceの操作にログインが必須となり、ログインしない限りは操作が何もできなくなっていたんですね。


セッション期限切れと表示されているくらいですから、一度はログインしたと思われますが、ログインした記憶がありませんでした。

恐らく、この中で唯一アカウントを保有しているグーグルのアカウントでログインしたのでしょう。



GeForce Experienceが使えないとshare(旧shadowplay)の設定変更もできないじゃん!と思っていたら、share起動のショートカット(ALT+Z)は生きていました。

こちらはALT+Zでインスタントリプレイなどの設定を呼び出しているところです。


ショートカット起動の方が便利なので、shareの設定変更についてショートカット起動を無効化されない限りは、ログインしないでいようと思います。


ドライバーのアップデート適用については、面倒くさいけどNVIDIAのサイトからダウンロードすれば済みますし。

どうしても必要になった場合はNVIDIAアカウントの新規作成の手間を考えれば、グーグルアカウントでログインをしようと思います。


(スポンサーリンク)

ログイン処理



調べてみると、このアカウント利用が必須な状態は不評のようですね。


面倒なだけでユーザーにメリットが一切なく、PCの使用統計データもこっそり送信しているという話も聞いたりして、なんだか嫌な感じなので当たり前といえば当たり前です。


ビッグデータ(笑)とやらに使うつもりなのでしょう。



インテルもNVIDIAもライバル不在でやりたい放題気味ですから、AMDにはもっと頑張ってほしいです。






■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿