ニンテンドースイッチ、余裕で予約できますよ?



ニンテンドースイッチの予約

ニンテンドースイッチの予約


ニンテンドースイッチの予約が始まり、早朝の家電量販店開店前から100人位の行列ができたとのニュースが有りました

ちょうど予約開始日に飲み会があり18時くらいに新宿のビックカメラを覗いてみたところ、まだ予約を受け付けていました。


ニンテンドースイッチの発売日は手を出さずソフトの充実具合の様子見の人が多いのか、たまたま穴場だったのかわかりませんが、「あ、まだ予約できるんだ」とおもったりして。


ネットでは予約サイトがアクセス集中で重くなったりと、温度差があったように思います。


あと既にアマゾンやヤフオクでニンテンドースイッチの転売が始まっているそうで・・・


ヤフオクとかアマゾンでは発売前の製品は出品停止にしてくれないのでしょうかね。


転売屋がいると、欲しいときに入手困難になってしまい正直困ります。

定価より高い転売品は絶対買う気になりませんし。


ローンチタイトル不足


そういえばなぜか、人気タイトルのスプラトゥーン2をニンテンドースイッチ発売日の初っ端から投入してきていないんですよね。
 

個人的にはゼルダの伝説にそれほど興味がなく、スプラトゥーン2の登場を期待していたため、ローンチのゲーム一覧を見て、発売日にニンテンドースイッチを買う必然性がなくなりました。


また、付属コントローラーを使ったARMSという面白そうなゲームも同時発売でなく、訴求力が弱めな印象ですね。


良さそうなソフトがチラホラとあるのに、ローンチタイトルとして出してこないので「任天堂はスタートダッシュにあまり力を入れていないの」?と感じていたりします。

人気ゲームをローンチ投入して品薄感を出すよりも、新作ゲームソフトを逐次投入してユーザーを飽きさせないようにするつもりだったりするのかな。



話題を途切れさせないためか、サードパーティのソフトが売れるように配慮したのか・・・どうなんでしょう?



29,980円という本体価格


単純な性能比較でPS4より劣るニンテンドースイッチに、かなり高い29,980円は価格設定としてどうなの?と思います。

特殊なコントローラーを使った体感型のゲームを遊べるという付加価値を見込んでの価格設定なのか、単純に利益を確保して逆ザヤを防ぐためなのか不明ですが強気価格となっています。


この29,980円という金額は、3DSのように個人で1台持ちという所有形態にするにはやはり高いですね。



任天堂としては3DSのように個人用携帯ゲーム機としてではなく、別の普及過程を目論んでいそう。



ところで、スプラトゥーン2とニンテンドースイッチのお得セットパック・・・とかは出ませんかね。


そんなことをしなくても確実に売れそうな組み合わせですが、出してくれるなら予約して飛びつきたいと思います。








■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿