ユーザーアカウント制御(UAC)を特定のアプリだけ例外にする設定変更方法

 


ユーザーアカウント制御(UAC)

Windowsではセキュリティを高めるため、プログラムをユーザーが意図せず起動できないようにする仕組み、ユーザーアカウント制御(UAC)が備わっています。

ショートカットアイコンに盾マークがついているものが、ユーザーアカウント制御対象のアプリです。

アプリを起動するたびに毎回確認が求められて、やや邪魔ですね。


UAC



例えば毎日起動するアプリで改変の影響が考えにくいものについては、ユーザーアカウント制御の例外に設定してしまうのもありだと思います。


ユーザーアカウント制御を外す方法


少し手間をかけて設定を作成することで、任意のアプリについてユーザーアカウント制御の例外として、無効にして扱うことが可能です。


手順1.管理者としてこのプログラムを実行する


まず、UACを外したいプログラムの起動時に「管理者として実行」するように設定する必要があります。

デフォルトで設定されている場合もありますが、とりあえず確認をします。

プログラムのある場所がわからない場合、ショートカットを右クリックして「ファイルの場所を開く」をクリックすれば、プログラムのあるフォルダを開くことが可能です。

フォルダを開くとプログラムを選択された状態になっているので、そのまま右クリックし「プロパティ」をクリックします。

「互換性」 タブを選択、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックが入っていなければチェックし、OKボタンをクリックします。


手順2.タスクの作成

まず該当プログラムのショートカットのプロパティを開き、「リンク先」をコピーします。





キーボードで「Windowsキー+R」 を押しファイル名を指定して実行を開きます。

名前に「taskschd.msc」を入力してOKボタンをクリックしてタスクスケジューラを起動します。


タスクスケジューラを起動したら「タスクの作成」をクリックします。



「操作」をクリックし、「新規」ボタンをクリックします

参照ボタン左の項目を選択し、先ほどコピーしたリンク先を貼り付けます。

「開始(オプション)」の項目はショートカットのプロパティを開き、「作業フォルダ」の項目となりますので同様にコピペで張り付けます。




「全般」タブに戻ったら名前に任意の名称を付け(ここではTEST)、「最上位の特権で実行する」にチェックを入れます。




手順3.ショートカットの書き換え

先ほどのショートカットのプロパティで「リンク先」の項目を書き換えと「実行時の大きさ」を最小化に変更します。

リンク先の変更内容は以下の通りです。

C:\Windows\system32\schtasks.exe /run /tn TEST

TESTについては、先ほどタスクで任意の名称をつけたものを設定します。




これでユーザーアカウント制御を例外に設定することが出来ました。

アイコンがschtasksのものに変わってしまいます。
元に戻したい場合はショートカットの「アイコンの変更」から該当プログラムを選び、アイコンを変更することも可能です。





■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿