vブレーキの片効きが直らない原因が判明

自転車



Vブレーキの片効きの修正


Vブレーキが片効きの状態になり、調整ねじを締めて修正をしてみましたが直りませんでした。

ブレーキ左右の調整ねじで調整するだけの簡単な作業だと思っていたのに・・・


Vブレーキを取り外して確認

まずVブレーキを取り外して状況を確認しました。

すると下記の画像赤丸個所の金具がゆるゆるになっていて、止め金具としての役割を果たしてないことが判明しました。

本来であれば止め金具が反時計回りに90度曲がっている状態のはずが、下を向いています 。
ブレーキ止め金具

金具の3つ穴のうちどれかにブレーキの突起(下記画像の赤丸部分)をはめ込んで、調整ねじを締めることにより、ブレーキの片効きを調整することができます。

そのため、金具が固定されていることが前提になります、
Vブレーキ調整ねじ

止め金具を固定

そこで、金具が固定されるように円柱をペンチで回して締め直し、止め金具を固定します。

固定できなかった場合は瞬間接着剤で止めてしまうのも一つの手です。

再びVブレーキを装着し調整ねじを回したところ直らなかった片効きがあっさりと直りました。

良かった。







■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿