PCを重くするmodrn setup hostとは





PCが重い!マウスがカクつく!

PCを操作していたところあり得ないほど重くなり、どこか故障が発生したのかと焦りました。

タスクマネージャで確認すると、modrn setup hostという見慣れないアプリがディスクの使用率100%近くを占拠していることが確認できます。

ディスク使用率
CPU使用率が高くない状況にもかかわらずPCが重いのは、IO関係がパンクするほど酷使されいたためでした。

CドライブはSSDなのですが、さすがに使用率100%まで張り付き使用されるとPCの動作に影響を受けるようです。

modrn setup host


modrn setup hostはWindows updateのプログラム

Windows update

modrn setup hostはWindows updateを行うための更新プログラムです。

昨今のセキュリティ対策や機能追加を考えると、重いからと言って停止するわけにはいきません。

アップデートファイルのダウンロードとインストールで、modrn setup hostがなぜこれほどまでディスクを酷使するのかは謎ですけれど。

負荷を調整できないのでしょうかね。

アクティブ時間の変更で対策


https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4027636/windows-10-get-updates-with-active-hours-in-windows-10
  • スタート ボタンをクリックし、[設定] [更新とセキュリティ] [Windows Update] [アクティブ時間の変更] の順に選びます。
  • アクティブ時間の開始時刻と終了時刻を選び、[保存] を選びます。

PCを使っていないときにセキュリティ更新を適用するように設定変更ができます。

が、「アクティブ時間の変更」の項目が見つかりませんでした。

あるべき設定項目が無いと、どうしようもありません。
なぜ無いのでしょうか・・・
「アクティブ時間の変更」の項目が無い


→再起動したところ表示されました。

Windows updateのデータダウンロード直後の状態では表示されないようです。

ただしこの項目はWindowsupdateの適用するかどうかなので、勝手にupdateファイルをダウンロードをしてディスクを酷使する状況を止める手段ではないようです。

ダウンロード自体を止めたいのですが・・・

つまり使用中にmodrn setup hostが稼働して重くなった場合はあきらめてPCを放置するしか手段がありません。







■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿