WPA3が正式に策定。WPA2から10年以上ぶりにアップデート


WPA3




Wi-Fi AllianceがWPA3を正式に策定しました。


WPA2と同じく、WPA3でもWPA3-PersonalとWPA3-Enterpriseの2つのモードがあることや、セキュリティの強化などがアナウンスされています。

Wi-Fi Allianceのページ
https://www.wi-fi.org/news-events/newsroom/wi-fi-alliance-introduces-wi-fi-certified-wpa3-security


WPA2とWPA3が相互運用でき、移行がスムーズに行なえるよう配慮されているとの事です。

下記のように、認証側がWPA3の場合は問題ないと想像出来ます。
 無線AP(WPA3設定)⇔スマホ(WPA2)

ただ、接続元(スマホ側)がWPA3-PSKの設定で、つなぐ事はできるのでしょうかね?
少し気になります。
 無線AP(WPA2設定)⇔スマホ(WPA3)


セキュリティ強化


一定回数ログインを失敗でブロックすることができるようになります。
言われてみたら、何回ログイン認証に失敗したら接続元をブロックする、といった設定項目をみた記憶がありませんでした。

その他には公衆無線LAN向けに、無線AP~接続機器間で個別に暗号化接続をすることで頭頂を防ぐようにしたり、IoT機器向けに別端末から無線LANの設定を行えるようにするなど、機能強化が盛り込まれています。



ともあれ、脆弱性が発見されたWPA2については、そうそうにWPA3に移行をしていきたいところですね。

無線ルータの買い替えをするのなら、WPA3対応機種が発売開始されてからのほうが良いかもしれません。

スマホと比べ、無線ルータなどのインフラ側は買い替え頻度が高くない事が多いですから。




WPA3対応の無線LANルーター


ドラフト対応といった形で、先行してWPA3対応の無線LANルーターは登場してないようです。

正式対応したものが発売されるまで、待つのがよさそうですね。

おそらく現在発売されている機器では、バージョンアップでWPA3が使えるようになるというのは考えにくいと思います。


スマホはSnapdragon 845がWPA3対応予定


ハイエンドのSnapdragon 845でWPA3対応がアナウンスされています。

それ以前のSoCについては不明で、チップが対応してないと機能追加が出来ないと思われますので対応は望み薄でしょうか。

ミドルレンジのSnapdragon 710については2018年5月23日発表とごく最近の製品となるので、WPA3への対応が期待できそうですが、情報が見つかりませんでした。

Snapdragon 710搭載のスマホが発売されれば情報が出揃うと思いますので、しばらくは街の状態ですね。









■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿