Catalyst2960Xの給電モデルでファンの音がうるさい場合の対処法




Catalyst2960Xの給電モデル



Catalyst2960Xの給電モデルを導入して無線APを接続すると、2960Xの内蔵ファンが全開で回転して非常にうるさくなりました。

ファンが全開で回る筐体とそうでない筐体があったので、当初は個体差もしくはファンの不良を疑いましたが、結論から言うと正常な動作という事がわかりました。
POEでの給電総W数が大きいとファンの回転数が上がる仕様だったように思います。(←サポートに確認したわけでないので、断定はできません)

給電するポートにpower inline staticを設定し1ポート30Wの電力を供給していましたが、power inline autoに変更すると、供給電力量が減ったおかげがファンの音が目に見えてわかるほど静かな状態になりました。


(スポンサーリンク)

■power inline autoの場合
Interface Admin  Oper       Power   Device              Class Max
                            (Watts)                           
--------- ------ ---------- ------- ------------------- ----- ----
Gi1/0/1   auto   on         26.1    AIR-AP2802I-Q-K9    4     30.0
Gi1/0/2   auto   on         26.1    AIR-AP2802I-Q-K9    4     30.0



■power inline staticの場合
Interface Admin  Oper       Power   Device              Class Max
                            (Watts)                           
--------- ------ ---------- ------- ------------------- ----- ----
Gi1/0/1    static on         30.0    AIR-AP2802I-Q-K9    4     30.0
Gi1/0/2    static on         30.0    AIR-AP2802I-Q-K9    4     30.0


マシン室のような騒音が当たり前な場所に設置していた場合は気になりませんが、静かな居室に設置する場合はファンの騒音が苦情につながることがあるため、知識として知っておいたほうが良いかなと思います。

ファンが全開でまわっていると、ラックの扉を閉めた状態でも煩かったですからね









■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿