XG258Qを使った所感



XG258Q


XG258Q付属品のDPケーブルとHDMIケーブルが1.8mくらいと長めなので、取り回しが楽でした。

1mだとほぼ使い物にならなくて、1.5mだとちょっとギリギリになってしまいますからよかったです。

さて、画質ですがTNパネルの液晶は色変化がIPSと比べると激しく、普段使いには向いてないです。
この辺りは予想していた通りで、ゲーミング液晶はゲーム専用と割り切るべきですね。
FPS等のゲーム中なら色合いの変化はほとんど気にならないですし。

当初は1台のモニターですべて賄えるものを、と考えていましたがモニターを設置するスペースを確保出来るなら、用途に合わせて複数台用意する方がよいという結論に達したのは間違いではなかったと思います。

設定関係

・FreeSync(G-sync)はDPケーブルで接続していないと有効にできませんでした。

XG258QのOSD上で有効をチェックすることが出来ず、NVIDIAコントロールパネルでも 「G-SYNCの設定」 項目が表示されません。

HDMIケーブル接続ではダメなんですかね。

【DP接続の場合】

デメリット

G-SYNCを使うと滲み(残像感)が酷くなる?


G-SYNCを有効にしてFPSをプレイした際、画面を左右に振ると強く滲んで表示されます。

無効にしていても多少滲んで表示されますが、有効にした場合より酷くなるため、ゲームする際に気になりました。


対策として、ASUSにはELMB (Extreme Low Motion Blur)という黒挿入の機能を持っていますけれど、以下の制限があります。

・240Hzの状態では使用できない
・G-SYNCと併用できない

そのため、リフレッシュレートを144Hzまで落とし、なおかつG-SYNCを無効にしないと駄目となってしまい、せっかくのXG258Qの良さが生かせません。

また試しにELMBを使ってFPSを遊んでみましたが、あまり効果を感じるほど有用ではなく、滲みを感じる場合はG-SYNCを無効化して240Hzでそのまま利用するのが一番よさそうです。

なお、無効のままでもテアリングの発生が確認できるような状況にはなっていません。


VESA規格に不完全対応/使えるモニターアームを選ぶ

一応VESA対応という事になっていますが、グリーンハウスのモニターアーム(GH-AMCF02)ではそのままではマウントできませんでした。

Amazonのレビューでも言及されている通り、利用できないモニターアームが多すぎると思います。

デザイン優先した結果の惨状でまともにモニターアームが使えないのだから、VESA規格に非対応と言ってもいいんじゃないでしょうか。


ホームセンターで35mmのM4サイズのねじを購入して、無理やりマウントさせてます。
いつか外れてしまいそうで怖い。





240Hzの滑らかなゲーム体験を得るだけなら問題なし

上記の滲みについて気にしない/G-SYNCを使わないなら、FPSの乱戦時におけるAIMのしやすさは、一度慣れてしまうともう60Hzの液晶に戻れない快適さがあります。

PCスペックだけでなく、表示させるディスプレイ側も重要という事がよくわかるモニターでした。





(1ms/240Hz/HDMI×2/DP/スリムベゼル/G-SYNC™対応/FreeSync対応/昇降ピボット/VESA)









■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿