sirrus sport discの2020モデルは2019モデルから継続販売




現在乗っているJAMISのcoda compは10年以上乗っているため、あちこちガタが来ているのと塗装が剥げ禿げなので、新しいクロスバイクを物色中です。

スペシャライズドのsirrus sport disc

最近のクロスバイクは定価7万円前後からディスクブレーキを標準装備していることが多くなっています。

ご多分に漏れずスペシャライズドのsirrus sport disc(シラス スポーツ)も油圧式ディスクブレーキ(Tektro Auriga, hydraulic disc, resin pads, 160mm rotor)を採用しており、雨の日も安心してブレーキが使えます。

いま乗っているクロスのVブレーキだと、雨の日の坂道を下るのは歓迎したくない状況ですからね!


2020モデルは2019モデルから継続販売


スペシャライズドの取り扱いのある一番近場のセオサイクルで聞いてみたところ、sirrus sport discは2019年モデルから構成変更等はなく2020年モデルはそのまま継続販売されるようです。

[追記]
と、聞いていたのに新モデルが出ましたね。(sirrus 3.0。sport discよりも若干金額が上がっていますが)

スペックアップしていてくれていたら良かったのに、と思わないでもないです。

で、sirrus sport discの取り扱いのあるカラーは
サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ、ただし入荷1か月以上待ち。
 ブラッククローム/クローム、1週間待ち
グロスフローレッド/ブラック/ブラックリフレクティブこちらも1週間待ち
キャストブルー/ロケットレッド/ブラックリフレクティブは取り扱い無し(販売終了?)
 
との事でした。

ロケットレッドかバトルシップカラーが良かったのですけど、バトルシップカラーしか選べないようで、ついでに納期も結構かかります。

まあ全て完売していて、次は来年となります、と言われるよりもいいのですが・・・


今のクロスバイクは前述の通りかなり見た目がボロボロなので、鍵を普通にしている分にはカジュアルな盗難のリスクはほぼありません。

が、流石に新品なsirrus sport discを購入した場合は鍵も新調する必要がありそうです。

ABUSのセキュリティレベル5の5805KEY 110辺りを用意した方が良さそうですね。
ついでに盗難保険の加入も検討かな。










■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿