確定申告ついでに次回以降はネット経由で済ませられるようにID・PWを発行してきました



確定申告

ふるさと納税や広告収入の申告のため、確定申告をしてきました。

マイナンバー対応スマートフォンもICカードリーダーも持っていないため、税務署に出向く必要があります。

税務署で申告書を作成すると待ち時間がかかるし、去年作成したデータをもとに必要金額だけ修正という事も出来ないのたが面倒ですね。

そのため、自宅で国税庁のサイトから確定申告書を作成してPDF化、コンビニでPDF印刷&マイナンバーカードをコピー、税務署に行って書類提出という手順ですませました。

PDF印刷代+コピー代で70円かかりますが、こっちの方が時間短縮できてお手軽です。

印刷した書類を税務署の窓口で渡すだけですから待ち時間はほぼありませんが、平日に出向くのは手間である事には変わりありません。


電子申告(e-Tax)


これまで電子申告(e-Tax)にはICカードリーダーが必要でしたが、いつの間にかIDとパスワードで電子申告で申請が出来るようになりました。

そこで税務署に行ったついでにID・PWを発行してもらいました。

住所や名前などの必要事項を専用PCに入力し、本人確認の身分証を職員の方に提示して5分くらいでID・PWの発行が完了します。

ただ自分でパスワードを設定するのですが、設定したパスワードがマスクされず丸見え表示で、隣に立っている職員の方にも丸見えでショルダーハックし放題じゃん、と思わないでもないです。

ついでにいうと、IDと設定したパスワードを紙で印刷して渡されますので、その時も見られる可能性があります。

それでいいのかセキュリティ。










■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿