Catalyst2960Lにsnmp mib flash cacheを設定する際の注意




snmp mib flash cacheによる不具合


Catalyst2960Lで使用しているIOSが15.2(7)E0aより古いバージョンの場合、
「snmp mib flash cache」のコマンドを設定するとハングアップしたような状態になります。

状態としては機器が完全にハングアップするわけではなく、数分経つと応答を返します。

しかし時間経過で再び応答が無くなるため、応答がある間にsnmp mib flash cacheの設定を削除する必要があります。

この現象はどうやらバグでした
https://quickview.cloudapps.cisco.com/quickview/bug/CSCvm53867

なおsnmp mib flash cacheの設定ですが、15.2(7)E0aを適用したCatalyst2960Lではデフォルトで有効になります。


そのため、よくある障害パターンは15.2(7)E0aのIOSを適用したCatalyst2960Lのコンフィグを別2960Lに移植した際、移植先の2960Lが古いIOSで稼働していると突然ハングアップしたような状態に見舞われます。

古いIOSでもsnmp mib flash cachenの設定が出来てしまうのが厄介なところですね。
設定が出来なければ停止するような事態に遭遇はしないのですが。













■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿