CiscoのIOSバージョンアップにはUSBメモリを使おう

FTPは転送速度が低速


これまでCisco機器のIOSバージョンアップをする際、TFTP/FTPを使用してファイルを機器に転送していましたが、問題点として転送速度が遅いことがあげられます。

TFTP/FTPだと転送速度が1.5Mbpsくらいしか出ないたため、例えば400MB以上のファイルサイズがあるCatalyst9200のIOSでは、TFTP/FTPで転送すると40分ほどかかります。


そこで作業時間短縮のため、USBメモリを使ってみることにしました。


なお実測でTFTPとFTPでも差があり、FTPの方が若干速かったをの確認しています。


USBポートにUSBメモリを接続


USBメモリをCiscoのUSBポートに接続すると、操作不要で認識します。

抜く場合も特段処理は不要です。


%USBFLASH-5-CHANGE: usbflash0 has been inserted!
%USBFLASH-5-CHANGE: usbflash0 has been removed!

ただし注意事項としてフォーマット形式の存在があります。

例えばCisco 891はFAT32でフォーマットしたUSBメモリを認識されましたが、Catalyst2960Lでは認識ができませんでした。
 

場合によってはFAT16でフォーマットされている必要があるみたいです。

※正確にはCatalyst2960L上でUSBメモリの挿入ログは表示されます。しかし肝心のファイルコピー操作が不可でした。

コピーすると以下のエラーが出力されます。

copy flash:c2960l-universalk9-mz.152-6.E.bin usbflash0:
%Error opening usbflash0:c2960l-universalk9-mz.152-6.E.bin (Invalid DOS media or no media in slot)

またfileコマンドでUSBメモリのディスクサイズ、空き容量が「-」となり表示されません。
#sh file systems
File Systems:
     Size(b)     Free(b)      Type  Flags  Prefixes
*    244711424     214171648     flash     rw   flash:
           -           -  usbflash     rw   usbflash0:

よって利用できるかの確認のため、USBメモリを接続後にsh file systemsコマンドでusbflash0のSize(b)とFree(b) の項目が表示されているかを確認する必要があります。


USBメモリによる転送速度


USBメモリにコピーをしてみました。

#copy flash:c800-universalk9-mz.SPA.156-3.M5.bin usbflash0:
Destination filename [c800-universalk9-mz.SPA.156-3.M5.bin]?
Copy in progress...CCCCCCCCCCCCC

CCC
94838232 bytes copied in 58.564 secs (1619395 bytes/sec)

転送速度は約13Mbpsと、ざっくりFTPの10倍は出ています。
400MBあるCatalyst9200などのファイルサイズが大きいIOSでも2,3分で転送が終わる計算になります。

FTPサーバーを立てたり作業PCのIPアドレスを調整したりする必要がなく、手間も減ることを考えるとIOSバージョンアップ作業はUSBメモリ一択です。














■関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿